原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

柴崎友香「はじめに聞いた話1 一組と二組/たばこ屋の藤」

筑摩書房のPR誌「ちくま」で、柴崎友香の連載が始まった(隔月連載?)。PR誌というのは、書店に置いてある「ご自由にお取り下さい」というあれだけど、「ちくま」は今年から電子化もしていたようだ(知らなかった)。100円でずっと保存できると思えば安いも…

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』

アニメーション版が公開されたということで、そういえば昔の日記に感想書いてるのでは? と思って見に行ってみたところ、ありました。2005年3月だって。12年前だと……。[DVD] 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? Third Editionジャンル: CD・DVD・楽器…

iPad Proとかもろもろ日記

そういえば、iPad Proを買いました。ちまたでちやほやされている10.5インチの方ではなく、12.9インチの方です。このサイズとしては2世代目のモデルになります。 容量は512GB。正直、ちょっと多すぎたのではないかと思っている。が、電子書籍でマンガを読む場…

また夏が来る

bookwalker.jp 久しぶりに、『サマー/タイム/トラベラー』を読みながら、今年もまた夏が来る、と思った。夏というのが特別な季節というわけではないけれど、春や秋は記憶の中でどこか輪郭がぼやけており、冬は年をまたぐことで印象がリセットされてしまう…

竹宮ゆゆこ『知らない映画のサントラを聴く』

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫nex)作者: 竹宮ゆゆこ,ふゆの春秋出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/08/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (14件) を見る 物語の類型の中に、「親密であった2人の女性」ものがある。私のファーストコンタクト…

図書館のこと

連休なので普段の仕事がなくなり、計画的に進めなければ、という仕事をのろのろとやっていた。本当にのろのろで、こう、社会人としてどうか……みたいな、そんなことは思いもするが、ねー。仕方ないじゃんねー。 で、さすがに毎日同じような生活をするのはどう…

ゼルダ日記その2 東方遠征編

rouble.hatenablog.com ゼルダを少しずつ進めています。本当に少しずつなので、「これスプラトゥーンまでに終わらないのでは?」という予感に震える。 では少し前の冒険について、写真でふりかえり。 街道を進む。こういう廃墟感楽しい。 街道終わりに遭遇し…

ゼルダ日記その1

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド出版社/メーカー: 任天堂発売日: 2017/03/03メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (10件) を見る Nintendo Switchを買って、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイしています。Switch自体もWii Uに比…

ファイアーエムブレム日記

気がつけば3月だ。いささかさぼりすぎなのではないか? ……と、こうなった原因はわりと明らかで、1月の序盤に地味に体調を崩し、それを1ヵ月ほど引きずったため(そしてやる気を失ったため)です。やっと完治したと思ったら花粉が飛び始めた。泣きたい。 2月…

2016年の電子書籍

最後に電子書籍。これまでのふりかえりは末尾に。 まずは去年までの蔵書数です。 BOOK☆WALKER:1334冊:2015年購入冊数587冊 紀伊國屋書店(Kinoppy):135冊:2015年購入冊数5冊 Amazon(Kindle):80冊:2015年購入19冊 これがこうなりました。 BOOK☆WALKE…

2016年のゲーム

ゲームのふりかえりを書いてたのですが、下書き保存に失敗して無に帰しました。もうだめだ。ちょっとだけふりかえっておきます。ネタバレほぼありません。 rouble.hatenablog.com 『幻影異聞録♯FE』 幻影異聞録♯FE出版社/メーカー: 任天堂発売日: 2015/12/26…

長嶋有「Mr.セメントによろしく」(『文學界』2017年1月号)

文學界2017年1月号出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/12/07メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る プラモデルを最後に作ったのはいつだっただろうか、と思い起こそうとして、さっぱり思い当たらないことに気づく。おそらく小学生くらいまで…

2016年のデバイス類

今年日記さぼりすぎなのでは? と思いつつ、年末の定点観測をしておこうと思います。今日はデバイス類。rouble.hatenablog.com おおお、去年の私、表作ってる。えらいぞ。更新してみましょう。 No デバイス名 使用用途 状態 詳細 1 VAIO Tap 自宅用デスクト…

『この世界の片隅に』

「この世界の片隅に」公式アートブック作者: 『このマンガがすごい!』編集部,呉市立美術館出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2016/09/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る この映画を見終わって、いまの気持ちを言葉にするとなんだろうと考え…

薄紅葉 天から降りてくる言葉

一時期に比べると、詩への感受性がかなり後退した。もともと散文詩はよくわからず、ほとんどの詩がぴんとこないのだけど、短歌・俳句にしても、日常的に出会うできごとをその定型で捉えようとする構えがかなり弱くなっている。 とはいえ、ときどきぽんと言葉…

恒例のKADOKAWA電子書籍大セールですが

どうせみんなKindleで買うんでしょ、となんとなくいじけるのですが、BOOK☆WALKERがかなり安くなっているので、その点だけお知らせしておきます。 まずKindle版。 そしてこちらがBOOK☆WALKER版。 bookwalker.jp Kindleの価格から、さらに70%弱のコイン(ポイ…

『君の名は。』

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド作者: 新海誠,東宝,コミックス・ウェーブ・フィルム,角川書店出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/08/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 『君の名は。』を見た。以降では、新…

日帰り旅行日記

先日、珍しく日帰り旅行にいった。私はあまり旅行をしないタイプで、どこかにいってるときは大抵出張のついでであることが多い。今回も「旅行をしよう!」ということではなく、参加したいイベントがあったので、そのついでに旅行みたいになったのだった。 そ…

『世界樹の迷宮V』その4

世界樹の迷宮V 長き神話の果て出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/08/04メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (14件) を見る 完全に世界樹ブログと成り下がっていますが、第3階層の攻略が完了したので記録。レベルは40になりました。1層攻略する…

『世界樹の迷宮V』その3

世界樹の迷宮V 長き神話の果て出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/08/04メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (11件) を見る 第2階層を突破しました。レベルは30。第2階層では全滅なし。中心ギミックは倒れる岩。FOEのうち、キリン型は倒しました…

『世界樹の迷宮V』その2

世界樹の迷宮V 長き神話の果て出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/08/04メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (9件) を見る ついに製品版が発売されたので、体験版からデータを引き継いでプレイ中です。第1層の攻略を完了したので、記録。前回の記…

『世界樹の迷宮Ⅴ』その1

世界樹の迷宮V 長き神話の果て【先着購入特典】世界樹の迷宮? サウンドトラック ラフスケッチVer.付出版社/メーカー: アトラス発売日: 2016/08/04メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (5件) を見る 久しぶりに世界樹。「新」シリーズは(やりたいんだ…

榊一郎『カタナなでしこ』

カタナなでしこ (講談社タイガ)作者: 榊一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/01/19メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 講談社タイガより。刀の拵えをつくる4人の高校生の1年を描く、よくできた青春もの。いかんせん、構成が丁寧すぎて「計算通…

宮原るり『僕らはみんな河合荘』

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)作者: 宮原るり出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2013/10/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 以前アニメーション版を一挙放送で見てたのですが、その後原作を買っていたのです。しかし積…

その土地との距離

そんなに頻繁にではないけれど、県外に出張することがある。一番多いのは隣県への出張。隣県とはいっても、それなりには遠いので、数時間かかる。そうすると、変な話ではあるのだが、下手するとその隣県よりも(飛行機を使えば)東京の方が体感的に近い、と…

行ったことないけど知っている風景

偽日記の人が『秒速5センチメートル』を見ていた。その末尾で、こんなことを書いていて、すごくわかると思った。 ところで、短編連作となっているこの作品の第二話は、種子島が舞台だ。『ロボティクス:ノーツ』の登場人物たちが通っていた高校と明らかに同じ…

どんどん忘れてしまう

Twitterでは何度か書いているのだけど、記憶はこぼれ落ちる。本やマンガを読んで何を思ったか。日々の生活で何を感じていたか。 仕事上のことについては、それでもアウトプットする機会があるから、それなりに記録には残っていくことになるのだけれど(そも…

紙の雑誌、電子の雑誌

dマガジンを購読して、何ヶ月か経ちました。dマガジンというのは、電子雑誌の購読サービス。月額400円+税で160誌以上の雑誌がそこそこのバックナンバーと共に読めるという、価格破壊。購読すれば、PCやタブレットで読むことができます。スマートフォンもい…

野村美月『晴追町には、ひまりさんがいる。』

晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と (講談社タイガ)作者: 野村美月,志村貴子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/10/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る どれだけの切なさや、醜さや、卑劣さや、弱さを塗りた…

たかみち『百万畳ラビリンス』

百万畳ラビリンス(上) (ヤングキングコミックス)作者: たかみち出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2015/11/11メディア: Kindle版この商品を含むブログ (3件) を見る SF……でいいのかな。部屋と部屋とがデタラメに構成されたラビリンスを彷徨う、2人の大学…