読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』

感創文 映画 アニメーション


映画『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』PV(90秒版) - YouTube

 Twitterタイムライン上で全然評判を見かけないのでひょっとしたらダメなのか? と思いつつ、機会があったので見にいきました。おもしろかったよ。どうして話題になってないのだろう(観測範囲問題の可能性あり)。

 現代の日本とは異なる魔の国から物語ははじまりますが、開始早々に姉妹の姉、ヨヨが現代日本に転移してしまいます(あまりキャラクターの説明をしないので、見る前に公式サイトのキャラクター紹介を見ておいたほうがいいかも)。転移もののおきまりとして帰れなくなりつつ、しかし魔の国との交信は取れる状態で、両方の世界に迫る危機を解決していくお話です。

 物語の定石を押さえた展開が多く、アクションも楽しい。子ども向け、といえばそうではありますが、強大な魔法使いであるヨヨが、現代日本において、魔法とは異なる大切なものに出会い、成長していくようすは、全能感を持った子どもが、周囲に目を向けていく物語としても見ることができます。

 後半、サマーウォーズ元気玉展開がありますが、あまり詳細には描かれないんだけど制作側の思うつぼでした。わかってる。もう脊髄反射なんだ。そういう面では、十分には語っていないんだけど、既存の物語を参照して過剰に物語を読み込むことによる没入、みたいなこともねらわれてそう。

 キャラクターとしては、現代日本の兄弟のお兄ちゃんが好きでした。仕掛け絵本風のオープニングもきれいでよかった。構図も工夫されていて飽きさせません。あっという間。

 原作(といっても映画はオリジナルストーリーっぽい)は読んだことがないのですが、今度読んでみようと思います。

のろいや姉妹 ヨヨとネネ 上 (リュウコミックス)

のろいや姉妹 ヨヨとネネ 上 (リュウコミックス)

 そういえば入場するときに何か箱のようなものを手渡されたので何だろう? と思ったら、劇中に出てくるカップ焼きそばでした。劇場で食べ物もらったのはじめてかも。

f:id:Rouble:20140111015752j:plain
f:id:Rouble:20140111015853j:plain