原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

Macのバッテリー劣化状態の確認について

 こういう記事をはてなブックマークしておりました。

超便利!Macのバッテリーの劣化状態をカンタンに調べる方法 - iTea3.0
「正常」じゃないときにどんな表示のバリエーションがあるかがわからないと参考にならないような……。

 で、やってみたところヘルプが出るじゃないですか。そこにはこんな記述が。

バッテリー状態により、バッテリーが正常に機能しているかどうかと、おおよその充電可能量が分かります。


以下の状態があります:


正常:バッテリーは正常に機能しています。


間もなく交換:バッテリーは正常に機能していますが、充電可能量は新品時より減少しています。


今すぐ交換:バッテリーは正常に機能していますが、充電可能量は新品時より大幅に減少しています。交換するまでそのバッテリーを使用し続けても、コンピュータは損傷しません。


バッテリーの交換修理:バッテリーは正常に機能していませんが、ユーザがバッテリーの動作や充電可能量の変化に気付かない場合があります。お使いのコンピュータの点検修理を依頼してください。検査を受ける前でも、コンピュータに損傷を与えることなく、引き続きバッテリーを使用できます。

 「正常」の下が「間もなく交換」な時点で、なんかアバウトすぎてあまり役に立ちそうにない予感がしますが、そもそも「新品時より減少しています」を「間もなく」と表現するのはどうなのだろうか。ケータイの「バッテリー残り2」くらいの状態のイメージなんでしょうか。2になったらもう駄目だ感があるけれど。

 ところでやってみたのは、MacBook Air Late2010 で、だいたい買ってから2年経ってるものですが、それぐらいのものでも「正常」なんですね。ほとんど電源切らずに充電しっぱなしか、スリープしっぱなしになってるわりには頑丈なバッテリーです。