読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

最近読んだものとか

 読んだものがたまってきたので、幾つかメモしておきます。

『二度めの夏、二度と会えない君』

 典型的な難病+バンドものに、タイムリープの味付けが加わったもの。とはいえ、ベタといえばベタなので、「名作!」という感じではないのですが、よくまとまっている作品ではあります。

 タイムリープの理屈とかは特にありません。なんとなくタイムリープ。ある人が(と隠す意味もないほどバレバレですが)亡くなる時点からタイムリープし、二度めの夏を過ごすバンドの物語。

『海月と私』

海月と私(3) (アフタヌーンKC)

海月と私(3) (アフタヌーンKC)

 1巻だけ読んで止まってました。1巻はKinoppyで買っちゃったんですよね。ええ、BOOK☆WALKERで買い直しましたよね……。『そこをなんとか』も2冊くらい読んでなかったので一緒に読みました。

 『そこをなんとか』に比べて、静かな雰囲気のある本作。謎の仲居の梢さんの謎はますます深まっており、3巻ラストではついについにの事態に。続刊が気になる! と思ったらそろそろ出るようです。ラッキーだ。

海月と私(4) (アフタヌーンKC)

海月と私(4) (アフタヌーンKC)

ログ・ホライズン9 カナミ、ゴー! イースト!』

 相変わらず電子化に時間がかかるログ・ホライズンの最新作。海外編その1。タイトルこそ「カナミ」の名がありますが、実質的にはけろナルドことレオナルドくんの成長物語。アニメ版では1話ですっとばされた悲運の話。

 番外編にあたるので、これだけ読んでもいいかな。彼らが日本にやってくるエピソードも描かれるのでしょうか。

bookwalker.jp

僕だけがいない街(6)』

 前巻ラストからどうなるかと思ったらこんなことに。まさかそんな時間の経過の仕方をするとは。

 リバイバルを忘れた今、あのかつての「現在」にはもう戻ることはないのでしょうか。アイリが出てきたから、もう戻らなくてもいいや、という筋になってるような気はします。

 前巻の感想はこちら。

rouble.hatenablog.com

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

 外伝含めて、既刊分は全部読みました。よく出来てると思います。本伝の方は、ダンジョンに潜らなくなってるけど。このタイトルは痛恨のタイトルだと思うけど、まあ仕方ないよね。

 とりあえずこんな感じです。『夏のあらし!』も一気読みしてるんだけど、あれは別に書きたい。