読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

宮原るり『僕らはみんな河合荘』

 以前アニメーション版を一挙放送で見てたのですが、その後原作を買っていたのです。しかし積んでいた。いつものことだ。ふと思い出して読んだところ大変面白く、最新刊まで一気に読みました。「河合荘」という下宿での集団生活ものです。

 主人公であるところの宇佐くんの1年春から始まった物語は、最新巻時点で2年の夏に。律先輩が3年になっているので、そろそろ卒業の匂いが漂いつつあります。以下、現在の住人の色んなフラグの状況。

キャラクター フラグの状態
宇佐くん 律先輩フラグ
律先輩 宇佐くんフラグ(他のフラグはほぼ折れた)。高校卒業後の進路フラグ
シロさん 小説家フラグ
麻弓さん 特になし
彩花 大学卒業後の進路フラグ
住子さん 特になし

 安定の住子さん除くと麻弓さんが不憫っぽく見えますが、もう働いてるからね。仕方ないね。

 途中の巻でも少し触れられていますが、河合荘は「永遠の居場所」としては描かれていないため、いずれこのメンバーでの「河合荘」には終わりのときが来るのだろうし、それが描かれるのだろうという予感があります。いなくなるのは、律先輩か彩花かな。麻弓さんは泣きそうだなあ。この年の3月が最終巻?

 ところで上の表を書くためにWikipedia見たんですが、最初のネームでは宇佐くんいなかったって本当ですか。

 連載開始前の初期設定の段階では宇佐は存在していなかったが、ネームを切ってみたところもともとの主人公として据えていた律が「あまりにも動かない」為、「河合荘の近所に住む、律を気になっている爽やかな男子高校生・木俣」を改造して主人公のポジションに据えたという。

僕らはみんな河合荘 - Wikipedia

 律先輩に主人公は無理だな……。

 もう一個気になってるのは、2年春から登場している椎名さん。今気づいたけどフルネーム設定されてねえ。モブか*1

 キラキラした後輩で、「実は腹黒である」などの裏設定すらなく、コミュニケーション能力も高く、完璧な人。宇佐くんと恋愛フラグが成立しかけてるような、そうでもないようななんですが、最新巻では1年生コンビで友人であるところの佐久間くんとのフラグのようなものが。

f:id:Rouble:20160622235403j:plain
 7巻時。この友達感よい。

f:id:Rouble:20160622234628j:plain
 8巻のフラグっぽい描写。

 どっちかというとこの1年生コンビの恋愛抜きでの友達みたいな感じ(それは椎名さんと宇佐くんとの関係も同じなんだけど)が好きなので、ここはあまり恋愛に発展してほしくないなあ、という感じもしてます。「佐久間」って呼び捨てするのいいよね。どうなるかなあ。

*1:住人の中にも1人だけフルネームがわからない人がいます。ただし宇佐くんも長らく不明だった。