原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

『幻影異聞録#FE』

幻影異聞録♯FE

幻影異聞録♯FE

 なんとなく再評価の機運もあるような気がする『幻影異聞録#FE』の感想を書いておきます。以下、項目ごとに。強いネタバレを含むものは下の方で折りたたんでおきます。

どんなゲームか?

 システム自体は、わりとオーソドックスなRPGです。ファイアーエムブレムとペルソナが悪魔合体しているので、魔法は女神転生系(アギ・ジオ・ザン)、武器はFE系(剣・槍・斧・弓)になっています。ゲーム全体のイメージは、

 主人公達が、ファイアーエムブレムの英雄をペルソナ(あるいはサーヴァント@Fate)として身につけながら、マクロスする*1話。

という感じ。カオス。以下の映像をご覧ください。


幻影異聞録♯FE 紹介映像

音楽

 上に書いたマクロス要素こと音楽要素ですが、主人公のパーティメンバーは、それぞれ何かしらの芸能活動を行っています。そして、それぞれのキャラクターはいくつかの持ち歌を持っており、それが物語の中で歌われ、戦闘中にも突然歌いはじめます。シンフォギア要素もあったのか。


幻影異聞録♯FE つばさ&霧亜 ライブPV 「Give me!! 」

 私自身、あまりポップミュージックになじみはないのですが、それっぽい歌になってます。アルバムも買っちゃいました。何度も聞くので愛着が湧きます。

 メインストーリーで歌われる歌もありますし、各キャラクターのサブシナリオで歌われる歌もあります。サブシナリオは任意ですが、最後のエンディングに関わっているようなので、全て見ていった方がいいでしょう。そこまで手間ではありません。シリアスなものもあれば、コメディになっているものもあります。

https://pbs.twimg.com/media/CZu3NKCWQAAOJSX.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CY6JQ35UoAAGIso.jpg

戦闘

 戦闘では、ペルソナもといミラージュを召喚して戦います。主人公の場合は、『ファイアーエムブレム 覚醒』の主人公であるクロム。そのほか、シーダやドーガ、ナバールなどがいます。

https://pbs.twimg.com/media/CXEg8wEVAAAG5KB.jpg

 もとの『ファイアーエムブレム』との関係は、あまり期待しない方がいいです。彼らは記憶を失っていますし、パートナーである主人公たちとの関係を楽しむのがいいでしょう。戦闘では彼らに力を借りてスキルを使います。通常攻撃もできますが、ほとんど使いませんでした。

 ストーリーを進めると、スキルを使って相手の弱点を突いた場合、連携が起こるようになります。

気になるところ

 いくつかネックもあります。次作を出したい、みたいな話を聞きましたが、ここは次は改善してくれるとうれしいなー。

戦闘が長い

 上述の通り、戦闘では連携が起こるのですが、これがカットできません。連携は終盤だと普通に6連携とかになるので、「1回攻撃するたびに6人が順番に攻撃する」様子が流れます。華やかなので見てて楽しくはあるんですが。長い。長いよ。

 できれば、早送りができるようなるといいなーと思います。あまりに長いのでラジオを聴きながらやってました。

戦闘後の処理がちょっと鬱陶しい

 戦闘後の成長要素には、「レベルアップ」と「武器の成長」があります。「レベルアップ」については自動的に処理されるのでいいのですが(FEのあのSEが流れます)、「武器の成長」が楽しくもやっかい。

 武器が成長すると、その武器に設定されているスキルが貰えるのですが(「マハザン」とか)、それを取得するかどうかをいちいち決定していかなくてはなりません。たまにならいいんですが、わりとぽんぽん成長するので、この作業が煩瑣に感じられます。もうちょい処理を軽くしてほしかったところ。

 武器はFEゆかりの武器になっており、見た目も凝ってるのでその点は面白いです。

ムービーが見直しにくい

 ムービー、どうも2周目にならないと見直せないみたいです。せっかくがんばってるのに、なぜそんな仕様にした。まあYoutubeにあるからいいんですが……。

ストーリー

 以下ストーリー面。畳みます。


 渋谷を舞台にした、東京もの。むせかえるATLAS臭。ストーリーはテンポよく進むので、ボリュームたっぷり! という感じではありませんが、芸能要素と戦闘要素が適度に混ざっていて楽しかったです。ストーリーを補助することになる「TOPIC」というツールもよかった。これは、ゲームパッドを使った仕組みで、ようするにLINEのようなものです。一緒にいないときに仲間がぼやいてたり、悩みを相談してきたりします。

https://pbs.twimg.com/media/CXOFdlYUsAAoGyR.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CXJlltVUQAEK_QM.jpg

 終盤になってFE要素が強くなりますが、ラストバトル付近の演出はもうちょっとがんばれたんじゃないかな……。特に終盤のイツキ復活のところは、「精神論じゃねーか!」という感じがあり、何かしらの説得力がほしかったところです。ATLASは主人公を基本的にはしゃべらせないので、「しゃべる主人公」については扱いに慣れてないのかも、と思いました。光の戯曲はよかったけどねー。

 最終的にいちばんイツキにデレてる弥代さんかわいい。



 以上! 楽しいゲームでした。

https://pbs.twimg.com/media/CgyFfeXUUAAfqg3.jpg


[他の人の感想]
shaw.hatenablog.com
methacin.hatenablog.com

 はてなブログ、いい加減同じ作品の感想でつながれるようにしてくれませんかね……。

*1:芸能活動のこと。