読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

1月~3月にみてたアニメーションについて

 2015年秋期の感想書いていない、ってことにふと気づくのですが、2クールものを除いてはあまり見てなかったクールだったのでした。

 今期は途中で結構脱落してしまいました。脱落したのは『だがしかし』『無彩限のファントム・ワールド』『少女たちは荒野を目指す』。いったん見始めたもので3つもついていけなかったのは初めてかも。ちょっと選択ミスをしたかもしれません。では、以下感想です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

 おそらく分割4クールの前半2クールが終了。終盤はうわーとかぎゃーと言いながらネタバレ配慮Tweetしつつ見ていました。「ガンダム」をリアルタイムで見たのは実ははじめて。

 最終回、「なにはともあれよかったね」みたいな空気になっており、「いやそれはないだろう」と思ったのですがどうなのかなー。子どもたちを戦争に駆り立てた終盤近くの展開のしっぺ返しを受けるのかどうかで、この作品全体の評価は左右されそうです。積み残しも色々あって、

  • 三日月によってかけられたオルガの呪いの話
  • 三日月が戦争を楽しんでいるのではないかという話

あたりが気になるところ。3クール目はちょっと時間が経つのかな。5年くらい飛んでもいいかも。

 ノベライズが出るなら読みたいけど出るんですかね。

ハルチカ ─ハルタとチカは青春する─

 ライトミステリであることが周知されていなかった感のあるハルチカ。原作を先に読んでいたので個人的には楽しめましたが、初見の人がどれくらい楽しめたかはよくわからない感じ。序盤はなんか妙に心配してしまって、応援しながら見ていました。その時点でちょっとおかしいね。

 どうしても24分の枠の中に1話完結で納めるのには無理があるところもあって、エピソードによってはわかりにくくなっているものもあるかもしれません。あと、話数が足りてないね。空想オルガンは見たかったかなー。

rouble.hatenablog.com

デュラララ!!×2 結

 最終回までになんとか原作を読み終わろうとがんばって、途中でようやく追いつけました。原作読んどいてよかった。帝人くんの「解決」が描き切れているかどうかは、個人的にはあまり納得いってない感じなんですが、どうなんですかね。原作の続き(SH)も買ってるので少しずつ読んでいます。

赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫 Vol.7 <初回生産限定版>【DVD】

赤髪の白雪姫 Vol.7 <初回生産限定版>【DVD】

 分割2クールの後半戦。安定。

 ラジ王子のあのシーンはもっと印象的に描いてほしかったような気もするものの、終始よい出来でした。原作もおすすめです(1月に全部読みました)。

灰と幻想のグリムガル

 原作をより丁寧に物語として描き出したアニメーション化ですばらしかった。特に、よく言及されていますが背景の丁寧さがよかったですね。

 原作の2巻は終盤怒濤の展開で、「さすがにそこまではちょっと……」という感じだったのですが、アニメーション版では流れが変更されており、わかりやすくなっていました。というか、原作読んだあとだとアニメーション版のランタがいい人すぎる。最後の勝利は原作読んでても「えー」と思いましたが、やっぱりアニメーションでも「えー」でした。仕方ないけどね。あと、なんで強いパーティがデッドスポット倒してないの、って疑問はもっともだと思う。

 2期も見てみたいですが、このあと原作に一段落するところがほとんどないんですよね。厳しいかも。
rouble.hatenablog.com

蒼の彼方のフォーリズム

asin:B01AB99TI8:detai
 王道スポ根もの。主人公空気と言われていましたが、本当に空気だった。というか主人公ではなかった*1。全体的に王道なので安心して見られる感じです。あの靴ほしいけど雨降ったら使えないから困る。

この素晴らしい世界に祝福を!

 何度か脱落しかけましたが、一挙放送で追いつきつつ最終回まで見ました。うーん、言うことがあまりない。何も考えずに見られる感じ。2期が決まるほど人気が出たのは意外です。

 こんなところ。ふりかえってみると結構見てましたね。「何度も繰り返してみる!」というほどにははまれなかったので、次クールに期待です。

*1:ヒロインの過去にからんでいると思われる伏線がスルーされる程度に空気。