読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

Windows10に関する愚痴(主にチャームとジャンプリストについて)

 自宅のデスクトップを新調し、Windows10にしました。タッチパネルの操作性は8.1より大きく落ちてしまいましたが、デスクトップでは、まあそれほど不具合も……なかったらよかったのに、という感じになったので、以下愚痴です。なお、リリース直後の感想は以下。今回は改めてチャーム撤廃のことと、タスクバーのジャンプリストのことについて。

rouble.hatenablog.com

チャームの撤廃

 タッチパネルでの操作性を大きく損なったのがチャームの廃止です。Windows8.Xを使っていた人は、右からエッジスワイプしたときに表示されていたあれです。「あれ、全然使わなかった」というのもわかります。タッチパネルじゃないとひたすら使いにくかったのです。

 代わりにアクションセンターが表示されるようになったわけですが、前回の記事に書いた失われた機能は、数ヶ月使い続けても不便なままです。

 1)Windowsボタン(スタート画面やスタートメニューを表示させるボタン)が消えた
 2)音量調節が消えた
 3)光量調節が大ざっぱな四段階に
 4)Wi-Fiの設定が若干面倒に
 5)検索ボタンが消えた
 6)電源関係が消えた
 7)外部ディスプレイの操作系が消えた

 7)はよくみるとありました。この中で致命的に使いにくくなっているのは 1)と 6)かな。どちらもスタートボタン押せばいいじゃん案件ですが、タッチ操作であの小さなボタン押すの辛いです。

 また、もうひとつ地味に困るのが、「チャーム表示時に表示されていた時計が消えた」ことです。Windows8.1では、次のように表示されていました。まず、全画面でアプリを使っているとき。タスクバーも隠れるので、時間がわかりません。

f:id:Rouble:20160214190444p:plain

 チャーム呼び出し時。時計が表示されていますね。日付も表示されてるので結構使っていた機能です。

f:id:Rouble:20160214190624p:plain

 で、Windows10でアクションセンターを呼び出すとこうなります。

f:id:Rouble:20160214190808p:plain

 地味ですね。しかし、地味だけに困ります。

タスクバーのジャンプリストが謎の劣化

 もうひとつ、Windows7から追加された便利機能、タスクバーのジャンプリストの変更点。

 タスクバーのジャンプリストとは、タスクバーに置いたアプリのアイコンを右クリックすることで表示される「簡易ランチャー」みたいなものです。たとえばWindows8.1では次のように表示されます。

f:id:Rouble:20160214191600p:plain

 むろん、並び替えも可能。よく使うファイルをピン留めしておけば、いちいちフォルダからアクセスする必要がありません。

 この機能、Windows10にも引き継がれていますが、なぜか並び替えできなくなりました。

f:id:Rouble:20160214191847p:plain

 登録が古いものから順に並びます。もちろん、「登録解除 → 登録」を繰り返せば並び替えできますよ。できますが……。

 また、以前はあった設定項目も消えています。

f:id:Rouble:20160214192057p:plain

 表示させる項目の数などを変えられたんですね。これが……

f:id:Rouble:20160214192524p:plain

 タブごと消滅。どうして。

answers.microsoft.com

 ひとまず、愚痴は以上になります。困る。