原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

2015年のデバイス類

 今年はそれほど使っているデジタルデバイスに変化が起きていません。来年のために整理しておきます。完全に自分のためのメモ。

No デバイス名 使用用途 状態 詳細
1 VAIO Tap 自宅用デスクトップ 元々デスク用に買っていないので容量不足が深刻。Windows8.1。
2 Mac mini 自宅用サブデスクトップ 特に問題なし。娯楽用。あまり使ってない。OS名なんだっけ?
3 古いWindowsマシン テレビ接続用PC エラーが増えてきた。もう7年ものくらい。Windows8.1。
4 VAIO Duo13 外での仕事用PC 特に問題なし。Windows8.1を維持。代替機が見つからないので壊れたら困る。
5 新しめのWindowsマシン 職場用デスクトップ 特に問題なし。Windows8.1。
6 Surface Pro3 職場用ノートPC 主にプレゼンテーションと会議などのメモ用。Windows10。
7 iPad mini2 持ち歩きタブレット 特に問題なし。電子書籍に容量が圧迫されているくらい。
8 iPad3 自宅用タブレット 元は持ち歩き用で退役したもの。大きいので電子書籍を読むのに向いている。
9 iPad2 お風呂用タブレット さすがにちょっと動作がもっさりしてきて苦しめ。
10 iPhone6 主力スマートフォン 今のところ問題なし。あと2年使う予定。
11 iPhone4s Podcastスマートフォン ちょっともっさりしてるけど、特に問題なし。

 今年、ひとつも追加では買ってないみたい。珍しい。Windows8.1のままにしているものが多いのは、どうも10の操作性が気に入ってないためです。Windows7の操作性をもとめる層に妥協してしまった結果、どっちつかずのOSになってしまった、という感想。仮想デスクトップは便利なんだけど、8.1から操作性が落ちている部分が少なくないのがネックです。

rouble.hatenablog.com

 緊急性はないけど、1・3・9あたりをどうするか、というのが来年考えることかなあ。2のMac miniが浮いているので、これを3の代わりにテレビ接続用に使うのがよいのかも(Macを仕事用に使うのは無理と判断してます)。あるいは、1を退役させて3に回すという手もある。

 8のiPad3はなくても困らないので、これを9の代わりにお風呂用に回せば問題なさそうではあります。

 問題は1か……。普通の安いデスクトップにしてもいいのですが、手元にタッチ操作できるサブディスプレイがあるのは案外便利なことも。ただ、これはiPadをDuet Displayにすることで対応できなくもありません。そうか。そうだよな……(書きながら考えてる)。あるいは、タッチ操作に対応した小さなディスプレイでも……と思って探してみたけど結構値段がしますね。これなら、iPad Proを買ってDuet Displayでもいいかも(誘惑の声)