読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

ブギーポップを読み直す(6)

感創文

ブギーポップ・カウントダウン エンブリオ侵蝕』

ブギーポップウィキッド エンブリオ炎生』

 事実上、『VSイマジネーター』以来の2分冊。このあたりから能力バトル物めいてきて、リアルタイムで読んでたころは、「こういう方向を我々は期待していたのだろうか……」と思ったりもしたけれど、今読むと結構すっきりまとまっててそれはそれで、という感じ。

 能力バトルが展開されますが、意外と名前のある登場人物が誰も死にません(すでに開始時点で死んでる人除く)。

 話の中心にいるのは、「隙が線の形で目に見えるようになった」〝イナズマ〟こと、高代亨と、統和機構に一応属している最強〝フォルテッシモ〟。両者とも合成人間ではなく、MPLSってことでいいのかな。前者の覚醒には「エンブリオ」と呼ばれるある人物の残した波長の残滓が影響しており、その影響で覚醒していくMPLSたちのあれやこれやが物語を牽引しています。ブギーポップは今回も出番控えめ。バトルなし。

 フォルテッシモは、おぼろげな記憶ではこのあとの作品でも登場してたはず。また、スワロゥバード=瀬川風見という合成人間もちょっとだけ登場してますが、彼女も別の物語で登場したんじゃないかな……。このあたりから、登場人物が再登場することも増えてきて、「誰が誰だっけ」状態になってきました。イナズマは再登場するのかな。

 反統和機構組織〈ダイアモンズ〉の名前が出て、その構成員パールも生き延びているので、いよいよ対統和機構めいた物語展開になりつつあります。なんかふてぶてしくなりつつある羽田健太郎も「凪のやつは、いつか必ず統和機構と正面からぶつかる」と予言。凪さん、色々がんばってるのに、いつも「周りの方が裏の事情を知っている」状況になっていてかわいそう。

 谷口正樹&織機綺の『VSイマジネーター』の2人も再登場していますが、受難。正樹はただの人間なのにいつも巻き込まれて大変です。