読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

最近読んだマンガとか

感創文 マンガ

 色々読んだものがたまっているので、ざっと記録を兼ねて。

アサダニッキ『ナビガトリア』

ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)

ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)

 そういえばタイトルどういう意味なんだろう……。島根県を舞台にしたマンガです。中心になっているのは出雲のようなので『天然コケッコー』よりは町より。3巻で完結したようですが、電子版は現在2巻まで。

 特筆するほど特徴的なストーリーではないですが……うん、ないな……安心して読める「異邦人」もの、という感じ。舞台設定とキャラクター配置がコンパクトなので、3巻完結はちょうどいいのではないでしょうか。アサダニッキさんの作品は初めて読んだので、もうひとつくらい読んでみたい。

九井諒子『ダンジョン飯』

 連載時から早く読みたいなーと思っていた作品。これまでの短編もよかったですが、世界観が十分に展開する前に終わってしまって、「もっと読みたい!」と思っていたので、長編で嬉しい。

 「モンスターを食べる」というテーマで何か心に引っかかってるものがあるな、と思って思い起こしてみると、『ドラゴンクエスト』のゲームブックの食堂で「しびれくらげの○○煮」とか、そんな感じの料理が出てきた記憶に行き当たりました。確か、その中にスライム料理もあった気がするんですよね……。イカみたいな歯ごたえとかなんとか。

f:id:Rouble:20150204014558p:plain

 スライムを食べているところを読みながら、なんとなく懐かしい気持ちになりました。

速水螺旋人大砲とスタンプ

大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

 戦時における“紙の兵隊”兵站軍を主役にした物語。直接的に戦闘を担う部隊ではなく、食料・弾薬その他もろもろを手配し、様々な部隊に届ける部隊のお話です。結構ドライに命が失われるところがあり、主人公のいる部隊にはまだ目立った犠牲者はいませんが、なんかこう、本当にあっけなく亡くなりそうではらはらする。激励の手紙を捏造するために、定型句をサイコロで選んで書いたり、うっかり差出人設定を考えすぎたり、と、コミカルかつシニカルに話が進んでいきます。

 毎話毎話、架空のへんてこな兵器や乗り物が出てきて、見開きで紹介される様子は、ちょっと宮崎駿の『雑想ノート』っぽいな、と思いました。

宮崎駿の雑想ノート

宮崎駿の雑想ノート

namo『狼少年は今日も嘘を重ねる』

 現在1巻のみ。男性が苦手な女の子と、女装をした男の子が仲良くなっていくかもしれない話。ちょっと無理があるのではないか、という感じがしないでもない話ですが……うーん……。このあたりは、『ニコイチ』でもうお腹いっぱいかもしれないなあ。キャラクターの広がりからも、数巻で収める、という感じでしょうか。