読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

『鍵泥棒のメソッド』

感創文 映画

 タイトルから泥棒の話なのかなーと思ってたらイメージと違いました。コメディのような、そうでもないような。以下ネタバレあります。

 便利屋さんが記憶を取り戻すまでの間はちょっと退屈でしたが、描かざるをえない部分であったので致し方ないところ。やや退屈しつつも、この話どう展開するのかなあ、と思いながらみていました。

 便利屋さん=殺し屋というミスリードにまんまとはまっていたので(なんかこれ『アフタースクール』でも同じように騙されたような記憶が……)、ネタが明かされてみるとなるほど、と安心。ですよね。これで便利屋さんが人を殺していたら、着地が難しいですよね。

 水嶋香苗という登場人物を広末涼子が演じているのですが、彼女の目が何も見ていないような目で、おそらく作中でもっとも不思議な精神構造をしている水嶋香苗という人物をよく表していて感心しました。表情だけで登場時からこの人は不思議な人だと思わせる演技はすごい。

 とりたてておすすめはしませんが、よくできた構成でなるほどなーってなる映画です。だめだめな堺雅人を見たい人にもいいかも。