読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

三部けい『僕だけがいない街』(4)

感創文 マンガ 電子書籍

 4巻を読みました。実は3巻も読んでなかったので一気に読もうと思ったんだけど、「いや、待てよ。ここは2巻を読んで復習してから……」と思って2巻を読んでいたら、「いや、待てよ(以下略)」となって、結局1巻から読み直し。こういうとき電子書籍だとすぐに読み直せて便利です。

 4巻までのところで現在と過去とをいったりきたり。現在についてはかなりピンチになっていますが、過去については4巻のところで一安心なのかなあ……。ただ、過去が明確に変わったことで、現在にどう影響するのかが気になるところです。タイトルの「僕だけがいない街」も気になる(象徴的にもまだ回収されていないタイトルのように思うので)。

 ところで。2巻まで読んでたときは先生を疑ってましたごめんなさい。たいてい、まんまとしかけに引っかかる私です。作中では、主要人物以外はあまり心内表現は出てこないのですが(悟、加代、愛梨、お母さん、澤田さんくらい)、まさか先生の心内表現が出てくるとは。

f:id:Rouble:20140615233319p:plain:w300

 けどミスリーディングかもしれないしなー(まだちょっと疑っている)。次の巻がどんな展開で始まるのか楽しみです。

[参考]
 【インタビュー】師匠・荒木飛呂彦との関係は……? 『僕だけがいない街』三部けい【前編】  |  このマンガがすごい!WEB
 【インタビュー】いま考えているラストは変わるかもしれない……!? 『僕だけがいない街』三部けい【中編】  |  このマンガがすごい!WEB