原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

若林理砂『安心のペットボトル温灸』

安心のペットボトル温灸

安心のペットボトル温灸

 普段はほとんど健康法のたぐいに手を出さないんですが、Twitterで風邪のひきはじめのツボが……みたいな記述をみて、つい買ってしまいました。

 趣旨としては、「ペットボトルでお灸をしよう」という単純なものです。熱いお湯を入れてもいいように、ホット用のペットボトルを使います。掲載されているのは、疲労回復、肩こり、腰痛、目の疲れ、頭痛、不眠、打撲の青あざ・捻挫のはれ、足の冷え、足のむくみ、風邪の引きはじめ、せき、のどの痛み、鼻水、胃の不調、便秘、内臓下垂、冷え性、冷房による冷え、月経痛・月経不調、のぼせやほてり、やる気がでないとき、落ち込んでいるとき。最後の方どういうこと。あと子ども向けのものもあります。そもそもが子ども向けのお灸をしようとして思いついたとのこと。

 実際にやってみたのは、疲労回復、肩こり、足の冷え、足のむくみ、風邪の引きはじめくらい。効果は……うーん、私はあまり自分の身体に敏感な方ではないので(風邪の引きはじめには敏感んだけど)、いまひとつよくわかりません。でも、なんか気持ちいい感じはします。

 つぼとかよくわからないけど、とりあえず温かい(熱い)ものを身体にくっつけるのは思いのほか、心地はよくて、たまに外出先でも「あー、ペットボトル当てたい」と思うくらいにはよかった。特に足の裏がいいです。

 これからの季節にはどうかなあ、という感じですが、リフレッシュ方法としては手軽にできていいかもしれません。

 鍼灸師・若林理砂のペットボトル温灸公式サイト