読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

1月~3月にみてたアニメーションについて

感創文 アニメーション

 そろそろ今期のアニメーションも最終回直前です。いくつかみていたので、だいたいの感想など。

凪のあすから

 2クールの後半戦。もう2回日記に書いてますが、すごくおもしろい。特に、1クール目から2クール目に変わるあたりの展開が大好きです。残すところ2回になってますが、人間関係も少しずつ収束していっている感じ。

 P.A.WORKSのオリジナル作品は基本的に「大問題」を解決できない(何かの終わりを回避することはできない)という作りになっているので、今作でもおそらく滅びを「遅延」させることしかできないんじゃないかなあと感じています。

ガンダムビルドファイターズ

 これも2クールの後半戦。毎回楽しみにみていました。ちょい役で出てくるモビルスーツがいいですね。

 世界大会以後、プラフスキー粒子の活用が話題のひとつになっていたのですが、これがいったいどのように活用しているのかさっぱりわからなかったところが若干マイナス。せめて、どういう理屈でそれができているのかが簡単にでも説明されるとよかったかなあ……。粒子に関係しないバトルの方が面白い、というところがちょっと皮肉です。2期があるかな?

ログ・ホライズン

 これも2クールの後半戦。2クール多いな。原作をすでに読んでいたので、それをベースにみた作品ということになります。

 丁寧なアニメーションになっていて、アキバやダンジョンの様子がわかったのはよかったです。もう少し「薄汚れた」感じの描写はあってもいいかもと思いました(原作では、使いすぎて消耗するとアイテムが汚れていくという設定がある)。これも2期がありそうですが、原作ストックが貯まるまで2年くらいかかりそうです。

→ 2期確定してました。早い…!

ゴールデン・タイム

 これも(ry 途中脱落してたんですが、ニコニコ動画の一挙放送で追いつきました。

 うーん。予算が足りないのか? という出来で、それなりにおもしろくはあったけど、ちょっと残念。なんだろうなあ。何が悪いのか? と言われるとこうとは言えないけど、なにかが損なわれている感じ。

未確認で進行形

 ここから1クール作品。最初のプロモーションビデオを見たときはふーん、という感じだったのですが、予想以上に丁寧に作られていて、すごくよかったです。かぼちゃを切ったり、お菓子を作ったりと、料理のアニメーションもよかった。登場人物同士のバランスも練られていると思いました。

そにアニ

 特に見るつもりもなかったんだけど、なんか見ちゃった、というアニメーション。物語がないことを逆手にとって、色々実験的な回があったのがよかったです(毎回はほぼオムニバスになっており、回同士にはつながりがない)。特に7話の「スターレイン」は映画のようにBGMを極力抑えたつくりになっていて(OPもない)、こういう30分の作り方ができるんだなあと感心しました。

のうりん

 なぜ私はこれを見たのだ? と思うくらいには中身のないアニメーションでしたが、次回予告の「五人の四天農」というタイトルだけでだいぶ笑ったのでもうそれだけでいいです。

 だいたいこんな感じ。今期は途中脱落してしまったものが多いです。