読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

運転するのが怖い

断片記

 この話題、定期的に書いてるような気がするのですが、運転するのって怖い。

 ときどき考えるのは、運転で事故を起こさずに暮らしてるのって、アクションゲームでノーダメージで進んでいるようなもので、「あ、なんか調子いいけど絶対どこかでダメージくらうダメージくらい」みたいに思ってしまい、そのうちどかーんとなって、「ほーらね」となるイメージがぬぐえません。事故起こさないなんて奇跡としか思えないよ、みたいな。

 考えてみれば、いつのまにか10年以上運転してるんですけど、まだ事故らしい事故はなくて、警察に止められたことすらないんですね。これはノーダメージ状態で非常に怖い。と、こんなこと書いてるとフラグになっちゃう! と言って、フラグを回避しておく作戦。

 でもねー。本当に、気をつけはするので、一刻も早く人が運転しなくてすむ世界が来てほしいのです。怖いのは自分が怪我することじゃなくて、人を怪我させてしまうことなのです。