読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

電子書籍「BOOK WALKER」の新アプリについて

 角川書店の電子書籍アプリ、BOOK WALKERのストアが新アプリに移行しました。新アプリは昨年からリリースされていたのですが、内部事情なのか、しばらく旧アプリ内でしか購入できず、新アプリは読むだけ、という状態でした。これで、新アプリ一本で完結するようになったわけです。

 で、新アプリ(iPad用)なのですが、個人的には色々気になるところがあります。旧アプリはページを飛ばすときなどのUIがひたすら使いにくかったので、そこが改善されたことは素直にすばらしいのですが、ビューアーがいまいち。たとえばこんな感じです。

f:id:Rouble:20130418224011j:plain:w300

 余白が狭すぎる上に、文字が小さすぎるとは言わないまでもちょっと小さい。ちなみにこの文字の大きさは「フォントサイズ:大」です。一番大きいのです。小説はiPad横で読むようにしていますが、これだと少し厳しい。三段階しかフォントサイズがないのは、50%から200%までリニアに選べるKinoppyに比べると厳しすぎます。

 で、私は横置きにしたときには、小説の場合「真ん中の線」を表示するようにしていたのです。旧アプリでは以下のような感じ。

f:id:Rouble:20130418223949j:plain:w300

 余白がたっぷりあるのがわかりますね。真ん中にうっすらと線があります。これが新アプリではこんな感じ。

f:id:Rouble:20130418224015j:plain:w300

 太い。太すぎる。そして、真ん中ぎりぎりまで本文があって窮屈です。
 このあたりはぜひ改善してほしい。もちろん、個人的な好みなどもあると思うので、カスタマイズできるようになると嬉しいです。本を読む上でこういう細かいところはとても大事です。
 
 で、悪いところだけではなくて、挿絵関係などは見やすくなってました。旧アプリでは横広の挿絵は残念な感じに表示されており、ズームをしなければ読めませんでした。

f:id:Rouble:20130418224021j:plain:w300

 これが新アプリではどーん。

f:id:Rouble:20130418224003j:plain:w300

 横にスライドして読めます。
 が、どうもバグもあるらしく、旧アプリではこう表示されていた挿絵が……

f:id:Rouble:20130418225105j:plain:w300

 新アプリではこんなことに。

f:id:Rouble:20130418224006j:plain:w300

 こういうところは早めに改善したほうがいいと思うな!

 画像に使った小説は『ログ・ホライズン』です。Kindle化もされていないので、読めるのはBOOK WALKERだけ! ……なので、早く6巻を電子化してください。お願いします。

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり


ログ・ホライズン6 夜明けの迷い子

ログ・ホライズン6 夜明けの迷い子

[追記]
 いまなら『乙嫁語り』が全巻85円なのでお得です。

BOOK WALKERで「乙嫁語り」が全巻85円。もはや買う以外の選択肢がない - たのしいiPhone! AppBank