読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

地震で目が覚めた話(データつき)

断片記

 震源地からはかなり離れていたのでわずかに揺れた程度*1だったのですが、しばらくゆさゆさと揺さぶられていました。東日本大震災以前と以後とでは震度の数値に対して「大きな地震」と感じる具体が変化してしまいましたが、2度、それなりに大きな地震に見舞われたときのことを思い出しました。備えておこうと改めて思います。

 小さく揺られている間は、「これが初期微動だったらどうしよう」ということが半分寝ぼけた頭に浮かんでいて、高校のころに地学でやったP波・S波のグラフが頭に浮かんでいたので教育あなどれない。下記は覚醒の様子。地震直前までは結構深く寝てたみたいです。どうりで寝ぼけていたわけだ。

f:id:Rouble:20130413234949p:plain

 震度などを確認したあと、あっという間に二度寝しています。

*1:報道によると、私の住んでいる場所ではだいたい2年ぶりくらいの揺れだったようです。