原子メールの届いた夜に

空き瓶に石ころをためていくような日記です。

HERO『パターンその1 駄目人間』

 サイト(読解アヘン)に掲載されている短編を3つ集めたものです。短編集としては三冊目。Webで読めるのになぜか淡々と購入しております。何度も読み返したくなる。

 短編ではあるけれど、どれもそれなりに「長く」感じるのはなぜなのかなあといつも思っていて、その「長さ」は作中の世界の確かさのようなものにつながっている。その物語が終わったあとの登場人物たちのことに思いを馳せるし、それだけの時間を、短編ではあるけれど、その物語を読む中で感じているということでもある。以下、若干ネタバレします。

 今回の短編の中では、三作目の「クロッカスの咲く、中庭にて」が好きでした。一作目と三作目とは途中までミスリードを誘うような仕掛けがしてあって、一作目は鏡合わせの二人が置かれている学校での境遇、三作目は鏡合わせの二人が好きな人、というところで、予想を外されます。

 ついつい自動化された「予想」をしてしまうのは、読み手として多くの物語の蓄積を積めば積むほどそうなのだと思いますけど、それでももくろみどおりの読みをいったんは作ってしまうところに、つくづく読みの自由というものの難しさを思います。

 「クロッカスの咲く、中庭にて」のラスト(付近)のシーン。非ヘテロを描く方法として「報われない恋」を採用するのはどうか、という面ももちろんありますが、それでも、主人公のひとりが、もうひとりのことを「こんなにおもしろくて」って言ってるのがいいなーと思いました。二人のその後を少しだけ知りたい。